人からお金を借りる時に注意すること

お金を借りる方法として、消費者金融から借りるという方法もありますが、利息がつくし返済できなかった時を考えると不安という方もいるでしょう。消費者金融から借りるのは不安という方に関しては、周囲の人からお金を借りるという方法もあります。周囲の人としては、家族、友人、会社の同僚などが挙げられるので、借りやすい方から借りるようにしましょう。ただ、お金によって今までの関係が崩れてしまったという方も多いので、周囲の方からお金を借りる場合は注意する必要があります。金利はつけないという場合が多いですが、返済期日が曖昧になってしまうこともあるので、いつまでに返済するという期日についてしっかりと決めて置いたほうが、後になってトラブルになるリスクを少なくすることが出来ます。中には、借用書を書くという方もいるので、トラブルを避けるためには用意しても良いのではないでしょうか。

返済する時ですが、借りた額よりも少し多く返すか、何か物をプレゼントしたほうが、次に困ったときにもお金を貸してくれやすくなるので、そちらも考えて置いたほうが良いでしょう。お金を借りる時には、理由を話す方がほとんどとなりますが、借りる理由によってはお金を貸してくれない可能性もあるので、何か良い言い訳を考えておいたほうが良いでしょう。共感を得られやすい言い訳としては、恋人とのデートのお金がない、飲み会に行くことになった、などがあります。他にも、結婚式や葬式などを理由にすることができます。結婚式の場合はあらかじめ予定が決まっていますが、葬式などは急なことがほとんどとなるため、相手に仕方ないと思わせることができます。冠婚葬祭以外の言い訳ですと、具合が悪いから病院に行きたい、車の事故を起こしてしまった、今月の家賃が払えないなどが挙げられます。これらの言い訳は頻繁に使ってしまうとボロが出やすいので、どうしてもという時にしか使わないようにしましょう。