MT4を使ってFX生活を手助けする日記

MT4を利用して有利なFX取引

MT4を使ってFX生活を手助けする日記

 

MT4は、ロシアで開発されたFX取引を行うための無料のソフトウェアで誰でも利用することができます。MT4は日本ではあまり使われていないソフトですが、海外ではMT4に対応したFX業者が多く、MT4を利用して取引を行うことができるメリットがあります。また日本でも対応した業者が登場しており取引ツールとして使うこともできます。

 

MT4が支持される理由としては、FX取引ツールの中で、もっとも完成度と自由度の高いソフトウェアであるという点です。特に自由度に関してはオリジナルのテクニカルチャートを作ることができ、またそれらに沿った取引を自動で行うことができるという点があります。また作られたテクニカルチャートは、公開されていることも多くそれらを取り込むことで他にない取引を行うことができます。

 

近年は自動売買システムを提供するFX業者も多くなってきていますが、その内容は不透明であり、実際に利益があがる場合もあれば、そうでない場合もあります。特にどのような設定で売買が行われたかを検証することが難しく、確実に利益を上げるという点では、難のある方法ですが、MT4を利用すれば、それらを検証することができるメリットがあります。またオリジナルの自動売買システムを検証するさいに過去の値動きなどを組み込ませて、検証することができ取引を始める前から確実性の高いシステムを作り上げることができるメリットがあります。

 

一方でMT4は海外のソフトウェアであり、日本語でのサービス提供が少ないという点がデメリットといえます。そのため、インストールから実際の運用までにはパソコンの知識とある程度のFX取引に関する知識が必要になります。なお、MT4の取引プログラムは無料で公開されているものもあれば有料で販売されているものもあるなど選択肢が多すぎる点でも初心者にとっては取っ付きにくい理由となっています。

 

 

MT4の有益な使い方

MT4を使ってFX生活を手助けする日記

 

日本においては、MT4と言えば、高性能のチャートソフトといった認識が多く持たれています。要するに日本は注文や決済は、FX会社が提供しているものを使ってトレードします。MT4のチャートソフトは大変優位性があり、それと比べた時にFX会社から提供されているチャートソフトは、遅く、自分が満足できるテクニカル分析ができないといった不満が持たれています。そのためMT4のチャートソフトを使うと言うことになります。

 

しかし海外においてはMT4は単なるチャートソフトではありありません。独自のトレードツールを提供することなく、MT4をトレードツールとして採用するのがポピュラーです。これには「自社で開発するよりも採用した方がコストが低い」というのももちろんですが、それだけ認められる高性能をMT4が持っているということでもあります。世界規模で見てMT4がトレードソフトのスタンダードになってきている中、いまさら別のソフトに切り替えれば、かえって混乱や客離れを起こす可能性もあるのです。

 

またMT4のプログラミング言語も一般公開されていますので、ユーザーが自分の使い勝手に応じて機能の拡張が行えます。現時点でも、世界中で活動しているユーザーが、オリジナルのテクニカル指標を公開していますし、自動売買システムについても同様です。自分でプログラミングができるのであれば、オリジナルの指標や売買システムを構築することができます。

 

バックテスト機能もありますので、この利用によって、自分が作ったオリジナル指標や自動売買システムを検証することも可能です。もちろん他者から提供されている指標や自動売買ツールの検証もできますので、チャレンジも安心です。このように、オリジナルな部分において、可能性が無限に広がっているツールは、現時点で他に類を見ません。世界スタンダードになりつつある理由がそこにあります。

 

 

MT4を使いこなす利点

MT4を使ってFX生活を手助けする日記

 

金融取引でMT4のような高性能取引ツールを使う事には利点があり、取引方法として自動売買や裁量トレードといった手法を自由に活用出来るのは大きな利点です。現在では様々な業者があり、国内業者だけではなく海外業者の口座を開設して取引を行う方も増えており、通貨取引において国内で規制されているものが、海外業者を使うと規制対象外でリスクを大きくした取引も可能であり、海外業者を使う時の取引ツールとしてMT4は一般的であり、使いこなせると多くの業者での取引で対応可能です。

 

国内業者の場合は初期設定では各社独自ツールを使っている事が一般的ですし、業者を変更すると取引の感覚がズレてしまうという事もありますが、MT4を使えるようしておけばそういった事を防げますし、海外では最も親しまれる高性能ツールになっています。独自のプログラム言語で命令を出して自動売買が出来ますし、優れた投資家のプログラムを購入してそれを試してみるという事も可能ですから、プログラムを購入してどのような発想で取引を行っているのかをチェック出来ますし、取引の幅を広げてくれるものと言えますから、試してみる価値のあるツールです。

 

様々な所から無料でダウンロード出来るツールですし、MT4とその続編であるMT5もありますが、現在でも主流になっているのはMT4であり、どちらを使うのかは相性の問題もありますから、両方無料でダウンロードして使ってみるのも良いでしょう。国内業者でもMT4のある口座がありますから、そうした業者のデモ取引を通じてツールの使い方を学んでいく事は効果的ですし、デモ取引で実際に近い取引を繰り返す事によって、スムーズに本番の取引に入っていく事が出来ますし、ネットには無数の使い方を指導するようなサイト、動画がありますから、学ぶ上では問題のない環境整備がされている状態です。

 

 

MT4に構築したトレードルールを組み込む自動売買

MT4を使ってFX生活を手助けする日記

 

MT4は多くの外為トレーダーが利用する、非常に普及率の高いプログラムです。MT4の利点としては、外国為替市場の過去の値動きのデータを簡単に分析出来る点で、この分析結果を通じ、取引する通貨ペアの性質や値動きの傾向を把握する事ができます。そのため、MT4は外為取引における値動きの検証という目的では欠かせないソフトです。

 

また、MT4の優れた特徴としては、自動売買の機能もあります。これは過去のデータを参照して、取引する通貨ペアの値動きの性質を検証し、売買ルールを作り出す事が必要です。そして、この売買ルールをMT4に組み込むことで、それぞれの取引手法を用いたシステムによる自動売買が可能になるのです。一旦このシステムをMT4に組み込んでしまえば、個々のトレーダーが構築した取引手法で、自動的なトレードを継続して行うことが可能です。

 

このMT4で実行するシステムトレードは、不確実性の高い外為市場の動きに機械的に対応する為には欠かせないものです。とりわけ、トレードにおいて感情を撤廃する事は大切で、事前に検証した優位性の高いルールに従い、トレードにおけるリスクを出来るだけ回避する事が求められます。このシステムトレードでは、過去の市場の動向を基準とし、個々の構築した取引システムの有効性を検証することもでき、事前に投資手法によるミスを排除する事ができるのです。

 

MT4は個々の構築したシステムを反映し、外為投資を効率良く実効できるものであり、事前にその収益性も検証する事が可能です。また、通常は取引が困難になる時間帯でも、この自動売買のシステムを利用することで、トレードが可能になり、収益性の高いタイミングを逃す事なく、資産運用が行えるようになります。このトレードシステムで、取引手法の有効性やデメリットを事前に把握する事が出来れば、より安全性に優れた資産運用が可能です。

 

 

MT4の勝率について

MT4を使ってFX生活を手助けする日記

 

MT4のアルゴリズムをテストすると、勝率がわかります。過去の為替レートの変動によってどれくらいの割合で勝ったのかを知ることができます。勝率が低いよりは高いほうが良いと考える方もいるようですが、実はそうではありません。勝率の高いアルゴリズムを使おうと考えるのは、あまり良いことではありません。なぜなら、目標は利益を増やすことであって、勝率を上げることではないからです。

 

勝率が高くても損失を発生させることは珍しいことではありません。例えば、勝率が9割のアルゴリズムがあったとしましょう。つまり、10回やって1回しか負けないということです。これだけを見ればかなり高性能なアルゴリズムだと考えるかもしれませんが、それでもトータルでは負けることがありますから注意が必要です。例えば、1回のトレードで1万円の利益が発生したとします。9回のトレードでは9万円のプラスになりますが、1回の負けで10万円の損失を発生させれば、全体として1万円のマイナスになります。勝率が高くても、1回の取引の損失が大きければ、それによって大きな損失を発生させてしまう可能性があるのです。

 

逆に、勝率が低くても全体的に勝つことができることもあります。1回の損失の金額が非常に小さく、勝った時の利益が大きければ、その利益で損失をカバーできます。このように、勝率と全体的な利益とは全く別のものであるという点に注意しなければなりません。

 

MT4のアルゴリズムは有料のものもありますし無料で公開されているものもあります。それらの中から稼げるものを選ぶ必要がありますが、その際には勝率にこだわるべきではありません。勝率が低くても適切にロスカットを行っているものであれば、MT4でコンスタントに利益を得られる可能性があります。アルゴリズムを選ぶときにはいろいろなアルゴリズムをテストするでしょうが、そのときには勝率の低いものもテストして見る価値はあります。

朝8時ごろはクロス円が眠っている。緊張感が頭を冴えさせること

 

8月7日。東京株式市場がスタートしました。クロス円のレートの点滅を見ていて、ようやく生き生きしてきたと感じます。今日は珍しくオープン前の相場を見て、8時ごろってこんな感じなんだと思いました。点滅がほとんどなくて、眠っているなぁクロス円という感じ。8時ごろは朝が弱い人にとっては寝ていたい時間ですね。クロス円も東京株式市場がスタートするまでの間は寝ていたいみたいです。

 

私は昔から朝が弱く、何かあるときじゃないと頭が冴えなかったよ。しっかり起きるには緊張感が必要。例えば学校に行っている頃で言うなら成績に響くテスト。当日はいつも頭が冴えましたね。目覚ましがなくても起きることができました。それは、熟睡できたわけじゃなくてあまりに気が引き締まりすぎて寝れなかっただけ。それがわかる証拠として、テストを終えて帰ってきてベッドに横になると爆睡。単に緊張感が私を寝かさなかったのです。

 

相場でも同じようなことが起こる時があります。寝る前にうっかりポジションを持ってしまい、売れる位置まで来ていなかった場合、諦めて寝るしかありません。しょうがないなぁと布団に入るんだけど、寝ることが出来ず、どうしてもポジションの行方が気になってしまいます。だけど、人間は寝ないと生きていけない生き物です。全く眠れないという人もいますが、私の場合は全くではなくて、寝付くまでに時間がかかっています。いつの間にか寝てしまうんだけど、不安だから目が覚めるのがはやい。

 

そして起きるとすぐにチェックをしてしまう。ポジションがあって、利益になっていないなら落ち着かない。また、損切りになっていれば力が抜けてしまうんだけど、それを境に脳の興奮がおさまるから楽になれる。すると、睡魔が一気に襲ってきて気を引き締めていないと寝てしまいます。緊張感が解き放たれるというところはテストが終わったときと同じですね。学校の世界ではそんな日が3ヶ月に一度ぐらいだったけど、FXでは自分次第で毎日になってしまいます。寝る時にポジションを持たないようにしたい。

続きを読む≫ 2016/02/09 14:13:09

ポンド円、米ドル円、豪ドル円のほぼすべてがトレードに向いていない

 

8月6日。東京株式市場がスタートしたときの日経平均は100円超えの上げ幅でした。そのおかげでクロス円はリスク回避にはなりませんでした。ニューヨーク時間の深夜に米ドル円は125円にタッチする勢いで動いたことで、堅調な日経平均と一緒にさらに上昇することはありませんでした。値幅は20PIPSもありません。ずっと小動きでした。結局日経平均は+50円の20664円で大引けを迎えて、米ドル円は下値が広がることがありませんでした。

 

ニュースではそんな米ドル円の動きをイベントを控えた小動きだと表現しています。イベントとは、明日の金曜日にある米雇用統計のことです。いつもこれが迫ってくるとあまり動かないようになります。本日のニューヨーク時間は、きのうに引き続き指標が発表されます。新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数。他にもありますが、この2つに注目しています。ポンド円のほうは、ロンドン時間に大事な発表が控えています。

 

英中銀政策金利、英中銀四半期インフレ報告、鉱工業生産の発表があります。そのためなのか15時30分までの間に値幅が40PIPSしかありません。米ドル円は明日の準備に入っているし、ポンド円は本日に控える大事な指標のために動けないのでトレード出来ない通貨が増えています。豪ドル円は、東京時間に発表された失業率が悪く、売られてから小動きになって動きそうにないから完全にトレードは遠ざかります。どの通貨が動いているんだろう?って見るけど、これが特に強いというものは見当たりません。

 

ただ、ポンド円が結果によっては強くなる可能性があるので、注目しておくといいかも。豪ドル円は現在91.53。5分足を確認するとあまり変化が見られていませんが、下値が切り下がる感じにはなっていません。これはゆっくり時間をかけてまた上を目指すのかな。ニュージーランドドル円もチェック。こちらの5分足は上昇中。今エントリーすれば損切りポイントが浅い位置にあるから低リスクなトレードが実現する。

続きを読む≫ 2016/02/09 14:13:09

専業トレーダーはとてもまじめ。FXは自由だけどやるとなれば真剣勝負

 

専業トレーダーの方は、きっちりスケジュールを組んで毎日それをこなしているみたいですね。時間通りに相場をチェックして運動もしっかりする規則正しい生活をしている人は多いみたい。専業の方ってどんなスケジュールなんだろうと思って調べてみたら、主婦のトレーダーは買い出しもやり、家事もやり、家族を送り出し、そしてしっかりトレードも行っています。家事とトレードの両立ができているってプロです。

 

専業と聞くと、好きな時間に起きてトレードして、カフェでお茶する自由なイメージがありましたが、実際はとてもまじめです。トレード1本で生活しているのが専業で、まじめにやらないと生活が成り立たないので、常に真剣です。どんな仕事も生活がかかっていれば真剣になってしまいます。FXは会社で働きながら空き時間を利用して相場に参加できるし、学生さんでも20歳を超えていれば相場に参加できます。

 

立派に稼ぐ力があると判断すれば、会社を辞めて専業デビューするのも全然ありです。FXの世界ってこうしなさいとか、これだけしか稼げないということがなくてとても自由です。トレード資金さえあれば好きな時に相場に入れて、努力次第で稼ぐ金額が増える。すべて自分で決められるし、自分の努力にかかっています。自分こそが主人公なのでなんかやりがいがあると感じる。頑張り次第でどうにかなるから夢と可能性があります。

 

自分が望めばハイレバレッジで勝負できるところが危ないって思いますが、そこは自分が安全なトレードが出来るようにコントロールできるから大丈夫。FXは大事なお金で通貨を売ったり買ったりして少しずつ資金を増やしていく。1回1回のエントリーが真剣でなければ、前回の利益を吹き飛ばしてしまったり、得た利益のすべてを失ってしまう可能性があります。資産を増やせるかどうかは1回1回の選択にかかっています。たかが1回のエントリーじゃないかって考えてしまえば損をします。気を抜かずに常に真剣でないといけません。

続きを読む≫ 2016/02/09 14:13:09

FX投資は趣味として楽しめてゲーム感覚で息抜きできる

 

どうしてFXをしているのかと聞かれればもちろんお金や貯蓄のためなのですが、本当にそれだけなのでしょうか。確かに最近では老後の年金制度に不安を持つ人も多く、私もそんなひとりなわけでありますが、けれどもしそうだとしたらFXだけにこだわる必要もないような気がしてます。結局のところ私がFXを続けているそのわけはただただ単純にFXが好きだからといえるかもしれません。

 

FXがつまり私の趣味のようなものになっていて、ほかのことにお金を遣わないぶんFXには毎月十万くらいは投資するようにしています。FXは投資なわけですがなぜ趣味になるのでしょうか。よく貯蓄が趣味という人がいますし、それに似ているのかなとも思います。けれど投資は貯めるためには投資つまり先行してお金を投じなければなりません。100以上のリターンがないかぎりむしろ損失になってしまうという危うさがあります。

 

そんはハラハラしたものをどうして趣味にできるのかというと、ちょっとしたゲーム感覚なんです。例えば100円ガチャやクレーンゲームのように、私にとってはFXはそういう運試しや息抜きみたいなものなんです。けれど、FX投資はそれだけ投じる資金が多く仕損じてしまえば、手痛いものがあります。そういう考え方もありますが、それでもFX投資ですごくテンションが上がるのはちゃんとリターンがでたときです。

 

100の資金が10パーセント増えたという喜びはとても大きいんです。それがやみつきになってしまっていて、FX投資はやっぱり面白いなと思います。しかし、やはり投資は投資だという引き締めるところは引き締めないとズルズルしちゃうので、一ヶ月負けが続くとちょっと気が滅入ることもあります。そういうときはFX投資の難しい問題を実感してしまうのですが、それでもうまくいったときの感覚を忘れないようにしてFX投資を趣味として、あくまで楽しくできるように、FX投資に遣う量も自分の頭もコントロールしています。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:17:02

米ドル円と豪ドル円が同じくらい強い。睡眠時間は大事

 

7月28日。現在19時50分。豪ドル円は東京時間だけめちゃくちゃな動きをして、欧州時間は至って平穏な動きです。その他のクロス円も堅調。ただ、ユーロ円を省いては。ユーロ円だけが前日比マイナスを推移しています。その他はみんな強いけど、目立っているのは豪ドル円と米ドル円。どちらも高値圏に張り付いています。今日のニューヨーク時間に指標があったら動きに変化が出ると思い、指標カレンダーをチェック。本日は22時と23時に大事な指標が控えています。

 

S&P/ケース・シラー、消費者信頼感指数、リッチモンド連銀製造業指数。いい結果で米ドル円が上昇を始めれば豪ドル円は上値が重くなるのかな。今はどちらも大差がない状態だけど、結果次第で差が開く可能性は大ありです。結果を聞いて動くようであったらデモトレードで練習したいって思うけど、この時間はお風呂に入って寝る時間になっているので無理そうです。わざわざ大事な時間を削ってまでトレードして体調が悪くなってしまっては意味がありません。

 

体は大事だし、健康を保つためにリラックスするお風呂の時間と睡眠時間は大事です。FXをやりはじめたことで我を忘れて夢中になってしまい、体調不良になった話も聞いたことがあるくらいです。実際私にもこんな時期がありました。やりやすいアベノミクス相場がやってきたことで、深夜でも関係なくパソコンを開いて相場状況を確認していました。夜だろうと動くことがあれば、寝れなくなることはお構いなしに平気でポジションを持ちました。

 

利益が出ると、すぐに確定させる。そして、止めようと思ったときにまた動きそうな気配がすると、結局見てしまう。そしてまたポジションを持つ始末。こんなことを繰り返して睡眠時間を犠牲にするめちゃくちゃな生活を送っていたところ、食欲不振と頭痛が襲ってきました。辛くなると頭痛薬を飲むと治って楽になる。すると、もう次はしない!って誓うのに翌日になるとまたやっている。逃したくないほど美味しい相場だったんですよ。凝りずに続けた結果、目の痙攣が起こるようになりました。原因を調べたところ、寝不足とストレスだと判明。ここで初めて目が覚めてやめました。それ以来、一度も目の痙攣は起こっていません。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:16:02

FXトレードは誰もが自宅できる理想的なお金の稼ぎ方になる

 

テレビを見ながら音楽を聞きながらお金儲けができるのは、FX投資をしている一つの理由です。この世の中、そう簡単にお金を手にすることはできませんし、若者たちにとって働くことは明日をもしれないドキドキ感のなかで、けしてテレビを見ながら音楽を聞きながらやれるものではありません。

 

しかし、FX投資ではお金を儲けしているときは基本的には自由なんです。パソコンをテレビのある部屋に持っていて、テレビを見ながら為替レートを見守ることをしたり、音楽を聞きながら寝そべりながらFX投資をしたりと、とにかく誰が見ているわけでもないしおおよそ自由にFXトレードってできるものなんです。FXは自宅ででもできるし誰かに指図されているわけではないから、やるときはフリーダムといえます。

 

お金稼ぎはある程度時間や場所に拘束されさりしますけれど、FXトレードならそういう縛りもありません。まさにそれではFXトレードは理想的なお金の稼ぎ方といいたいところですが、FXトレードだからこその気を引き締めたいところもあるのです。自宅でできるということと、時間の取り決めや作業時間が自由なので、ついつい怠けてしまいがちになるとろがあります。
集中力が切れやすいということなのかもしれません。

 

そうすると、判断力も鈍りますしFXトレードの成績は悪くなってしまいます。上司もいなければ部下もいないから、自己責任という緩みがどうして出てしまうんです。それでは、FXトレードは理想的なお金の稼ぎ方というのは本当にそうなのかというと、FXトレードはきっと未来像なんです。数年後には、自宅でお金稼ぎをするというのが今よりもポピュラーになると思います。

 

FXトレードをしていて集中力が低下しそうなら、もっと自分に危機意識を植え付けて、これが当然だと思わないといけないのかもしれません。FXトレードという方法を用いて自宅でお金を稼げる嬉しさを失わないことこそ、集中力を高めるための施策かもしれません。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:16:02